PIMCOのグロース氏:米国債の保有比率を引き下げ

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用する ビル・グロース氏は、8月に米国債の保有比率を昨年10月以来の低水準 に引き下げた。グロース氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)の一段 の刺激策がインフレを再び招く恐れがあると警告した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。