資産家ロス氏:海運市場低迷がPE投資会社引き付ける

米資産家で投資家のウィルバー・ ロス氏は、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社による 海運市場への関心がますます高まっているとの見解を示した。海運市場 は運搬能力の過剰により4年間にわたって低迷している。

投資会社WLロス(ニューヨーク)は1年前、石油精製品を運搬す るタンカー30隻に9億ドル(約700億円)を投資するグループに加わっ た。先月には液化石油ガス(LPG)輸送を手掛けるナビゲーター・ホ ールディングスの最大株主となった。ロス氏は10日、ブルームバーグの ニューヨーク本社でインタビューに応じ、発展途上国・新興国の経済成 長が海運需要を押し上げるとの見通しを示した。WLロスは約100億ド ル相当の資産を運用する。

ロス氏は「PE投資会社が初めて海運市場に真剣に関心を寄せてい る」と指摘。「投資が数十億に達しているとの見方は誇張ではない。参 入のきっかけとなる十分な安値を見いだせるかどうかの問題だ」と述べ た。

ブルームバーグが集計したデータによると、米株式指数を構成する 海運会社145社の時価総額の合計は2008年5月以降、少なくとも60%減 少し1370億ドルとなった。アポロ・グローバル・マネジメントやブラッ クストーン・グループなどのPE投資会社が過去2年間に船舶を購入し ている。コンサルティングと出版を手掛ける米マリン・マネー・インタ ーナショナルによれば、PE投資業界による海運投資は昨年、13倍に急 増し33億ドルに達した。

バルチック取引所(ロンドン)によれば、原油や鉄鉱石、石炭、穀 物の運搬船の収益は大半が船主企業にとっての損益分岐点を下回ってい る。

原題:Billionaire Ross Says Shipping Rout Attracts More Private Equity(抜粋)

--取材協力:Michelle Wiese Bockmann、Vignesh R S.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE