EADS、BAEが統合協議-欧州一体化でボーイングに対抗

欧州航空機大手エアバスを傘下に置 く航空宇宙・防衛関連企業EADSと、欧州の防衛最大手、英BAEシ ステムズは、統合をめぐり協議中であることを明らかにした。欧州で米 ボーイングに匹敵する事業を構築するという約10年前の計画を復活させ る形となる。

両社の12日の発表によると、統合後の株式の60%をEADSが、残 りをBAEがそれぞれ保有する。ブルームバーグ・ニュースはこれに先 立ち両社の協議について報じていた。統合グループは経営陣を統一した 二元上場会社とし、防衛事業の一部資産については、米国市場へのアク セスを維持するため他部門から分離されるという。

統合後の会社は従業員数が22万人、売上高が約1000億ドル(約7 兆7750億円)に達し、民間ジェット機や戦闘機「ユーロファイター」、 原子力潜水艦などの資産を保有することになる。欧州の航空宇宙業界 は、10年余り前にEADSとBAEが誕生したことで、民間部門と防衛 部門に分離された。両社が統合すれば、欧州の航空宇宙事業の一体化計 画が復活することになる。

IHSジェーンズ(ロンドン)のアナリスト、ギー・アンダーソン 氏は、統合が実現すれば「世界最大級の航空宇宙・防衛関連組織が誕生 することになり、欧州の防衛産業市場は見違えるほど変化するだろう」 と指摘した。

BAE株はブルームバーグの報道を受け、ロンドン市場で一時38.8 ペンス(12%)高の367.50ペンスを付けた。終値は363.6ペンスとな り、これに基づく時価総額は118億ポンド(約1兆4800億円)。 EADS株はパリ市場で一時6.2%下落。終値は28ユーロで、これに基 づく時価総額は231億5000万ユーロ(約2兆3250億円)。

EADSの昨年の売上高は約490億ユーロで、BAEは177億ポン ド。これに対し、ボーイングは687億ドルで、国防関連で世界最大手の 米ロッキード・マーチンは465億ドル。

EADS、BAE両社は統合グループのトップやどこに拠点を置く かについては触れていない。

原題:EADS Seeks BAE Merger to Build European Counterweight to Boeing(抜粋)

--取材協力:Robert Wall、Matthew Campbell、Brendan McGarry、Chris V. Nicholson、Christopher Jasper、Jon Morgan、Jeffrey McCracken、Susanna Ray、Benedikt Kammel、Andrew Noel、Anne-Sylvaine Chassany.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE