リバウンドしない夢の痩身具「アビリティ」、信号で食欲抑制

カトリン・ファルブさん(33)は10 代の初めのころから体重増加に悩まされ、ウエートウォッチャー(やせ 方の指導を受けるプログラム)からお灸まで、ありとあらゆる痩身(そ うしん)術を試してきた。そしてやっとのことで、理想の方法にたどり 着いた。それは「アビリティ」という体に埋め込む器具だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。