ブラジル株:ボベスパ指数は続伸-世界の成長見通しが改善

12日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が4カ月ぶり高値に上昇。ドイツの連邦憲法裁判所が、 恒久的救済基金である欧州安定化メカニズム(ESM)の批准を条件付 きで認める判断を下したことに加え、米国と中国による景気刺激策への 期待から世界の成長見通しが改善され、ブラジル株への需要を押し上げ た。

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は1.2%高。マリア・ダスグラ サス・フォスター最高経営責任者(CEO)が新たな鉱区入札への意向 を表明したことが材料視された。一方、サンパウロ送電は24%下落し、 1日の下げ幅としては過去最大を記録。ルセフ大統領が電気料金につい て当初の発表より大幅に引き下げる可能性を示したことが響いた。

ボベスパ指数は前日比0.8%高の59921.80と、5月8日以来の高値 で終了。通貨レアルは0.4%安の1ドル=2.0256レアル。

Jマルセリ・インベスチメントスで約6億5000万レアル(約250億 円)の運用に携わるマルク・サウエルマン氏は電話インタビューで、い かなる不確実性でも市場から取り除かれれば、投資家は非常に好感する と指摘。米国と中国の政策当局者が追加刺激策を講じる可能性がある兆 候も、ブラジルの資源株を後押ししたと述べた。

原題:Bovespa Advances as Global Growth Outlook Boosts Brazil Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE