米国株:上昇、独憲法裁の判断を好感-FOMCへの期待も

米株式相場は上昇。主要株価指数は 4年ぶり高値付近で推移した。ドイツの連邦憲法裁判所が、恒久的救済 基金である欧州安定化メカニズム(ESM)の批准を条件付きで同国に 認める判断を下したことが手掛かり。また米金融当局による景気刺激策 への期待も広がった。

アップルが上昇。一時下げたが反転した。「iPhone(アイフ ォーン)5」の発表が手掛かりとなった。ゼネラル・エレクトリック (GE)やJPモルガン・チェースも高い。パルト・グループなど住宅 建設株も買い進まれた。フェイスブックは大幅高。モバイル広告からの 収入の伸び悩みの要因となった誤った取り組みに対応していると、マー ク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が表明したことが好感さ れた。

S&P500種株価指数は前日比3ポイント(0.2%)高の1436.56。 ダウ工業株30種平均は9.99ドル(0.1%)上げて13333.35ドル。

JPモルガン・ファンズのストラテジスト、ジョゼフ・タニアス氏 は電話インタビューで、「市場では何らかの量的緩和策に期待が集まっ ている」とし、「これまで相場を上昇させてきたのは中央銀行の緩和策 だ」と続けた。また「欧州ではテールリスクが消えつつある。独憲法裁 の判断は、状況が正しい方向に向かっていることをさらに強く示すもの だ」と述べた。

FOMC会合

米連邦準備制度理事会(FRB)は12-13日の日程で連邦公開市場 委員会(FOMC)を開催。ブルームバーグが実施したエコノミスト調 査ではほぼ3分の2が、FOMCが13日の会合終了後に量的緩和第3弾 (QE3)を発表すると予想している。また低金利政策維持の期間 も2015年まで延長されるとみられている。

ドイツの連邦憲法裁はESMの批准差し止めを目指した訴えを退け た。これも手掛かりに米国株は上昇。合憲性をめぐる審理がESMの発 足を遅らせてきた。憲法裁はまた、ドイツの負担については議会の承認 がない限り1900億ユーロを上限とすることが必要との考えを示した。

ブルームバーグ・ニュースは、事情に詳しい関係者3人の話とし て、フランスがスペインに対し欧州連合(EU)の救済基金に支援を要 請するよう働き掛けていると報じた。この報道を受け、S&P500種は 一時上げを拡大した。

S&P500種の業種別10指数では通信サービス、資本財、金融の上 げが目立った。GEは1.4%高の21.89ドルで、2008年10月以来の高値。 JPモルガンは0.8%高の39.92ドル。

アイフォーン5

アップルは1.4%高の669.79ドル。一時0.7%安となる場面もあっ た。時価総額で世界最大の同社はこの日、全面改良した新型のアイフォ ーンを発表。スクリーンが大きくなったほか、プロセッサ-の処理速度 も向上、より高速な通信規格に対応する。スマートフォン(多機能携帯 電話)市場で韓国サムスン電子や米グーグルに対するリードを広げたい 考えだ。テクノロジー株の指数は0.4%上昇した。

パルト・グループは6%高の15.55ドル。S&P500種では2番目の 値上がり率となった。S&Pスーパーコンポジット住宅建設株指数を構 成する11銘柄中10銘柄が上昇した。

フェイスブックは7.7%高の20.93ドル。ザッカーバーグCEOは11 日のイベントで、モバイル端末を通じた収入の増加に向けて取り組む姿 勢を示した。同社株は、アップルがアイフォーン5でフェイスブックと の連携強化を発表した後、上げ幅を拡大した。

原題:U.S. Stocks Rise Amid German Bailout Ruling, Fed Stimulus Bets(抜粋)

--取材協力:Jonathan Morgan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE