英国債:10年債下落、独憲法裁のESM承認で安全需要が後退

12日の英国債市場では10年債相場が 3日続落。ドイツの連邦憲法裁判所が恒久的救済基金である欧州安定化 メカニズム(ESM)の批准を認める判断を下し、安全資産需要が後 退。利回りは5月以来の高水準に達した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。