7月の米卸売在庫:5カ月ぶり大幅増-売上高は3カ月連続減

7月の米卸売在庫は5カ月ぶりの大 幅増加となった。一方、売上高は3カ月連続で減少してきており、在庫 増の少なくとも一部は意図せざる積み上がりを反映している。

米商務省が12日発表した7月の卸売在庫は前月比0.7%増加した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は0.3%増だった。一方、卸売売上高は0.1%減少と、3カ月連続のマイ ナス。売上高在庫比率は1.21カ月で、2009年11月以来の高い水準となっ た。

世界最大の農機メーカー、ディーアの農業・芝部門社長、ジェーム ズ・フィールド氏は「売上高の減少は、第3四半期および年末の在庫積 み上がりに反映されるだろう」と指摘。「在庫管理の措置が取られてい る」と話していた。

耐久財の在庫は前月比0.7%増加(前月0.2%増)。特に機械やコン ピューター、木材、自動車が増えた。耐久財の売上高は0.8%減少 (同0.9%減)と、2カ月連続マイナス。

非耐久財の在庫は0.7%増加した。売上高も0.5%伸びた。

覧ください。

原題:Wholesale Inventories in U.S. Climb 0.7%, More Than Forecast(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE