イタリア入札:1年物の借り入れコストは3月来の低水準

イタリア政府が12日実施した入札 で、1年物の借り入れコストが3月以来の低水準となった。同国の入札 は、欧州中央銀行(ECB)が財政難国の国債利回り押し下げに向けた 無制限の債券購入計画を明らかにして以降、この日が初めてだった。

イタリア政府は1年物証券90億ユーロ(約9040億円)相当を発行。 平均落札利回りは1.692%と、前回入札時(8月13日)の2.767%から低 下した。30億ユーロ相当の3カ月物は0.7%(5月11日は0.865%)とな った。

1年物の応札倍率は1.65倍(8月は1.69倍)、3カ月物は2.25倍 (5月は2.49倍)だった。

原題:Italy Sells Bills at Lowest Rate Since March After ECB Pledge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE