7月ユーロ圏鉱工業生産:前月比0.6%増-独主導で予想上回る

欧州連合(EU)統計局(ユーロス タット)が12日発表した7月のユーロ圏鉱工業生産指数は、前月 比0.6%上昇した。ドイツの増加がスペインやオランダの減少を埋め、 事前予想を上回る伸びとなった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト30人の予想中央 値では0.1%上昇が見込まれていた。6月は前月比0.6%低下だった。7 月は前年同月比で2.3%低下した。

域内景気の低迷と世界の成長鈍化、高債務国の緊縮財政が響き、ユ ーロ圏の製造業者は苦戦している。8月のユーロ圏製造業活動は当初の 見積もり以上に縮小し、景況感は3年ぶり低水準となった。

UBSの上級経済顧問、ジョージ・マグナス氏は10日のブルームバ ーグテレビジョンとのインタビューで、「今は世界的なリセッション (景気後退)というわけではないが、2013年は際どい状況になるだろ う」と話していた。

7月の鉱工業生産で資本財は前月比2.4%増(6月は1.2%減)、耐 久消費財は0.5%減、中間財は0.1%増、エネルギーは1.2%減だった。

原題:Euro-Region Industrial Output Rose More Than Forecast in July(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE