中国株(終了):上昇、政策期待広がる-建設関連銘柄が高い

中国株式相場は上昇。中国の温家宝 首相は成長支援に向け当局には財政・金融政策を講じるさらなる余地が あることを示唆した。

セメントメーカーの安徽海螺水泥(600585 CH)と建設機械メーカ ーの三一重工(600031 CH)が建設関連銘柄の上昇をけん引。政府のイ ンフラ投資で恩恵を受けるとの見方が広がった。産銅最大手の江西銅業 (600362 CH)は3.3%高。米連邦準備制度理事会(FRB)が追加緩和 策を講じるとの観測を受け、商品需要が高まるとの期待が強まった。産 金会社の紫金鉱業(601899 CH)も買われた。

親会社からの資金調達する計画が好感された中国2位の航空会社、 中国東方航空(600115 CH)は8カ月ぶりの大幅高。中国国際航空 (601111 CH)も上げた。

珩生鴻鼎資産管理の戴明ファンドマネジャーは「安定成長に向けて 中国当局が対策を強化するとの期待が戻りつつある」と述べた上で、 「最近の高官発言や政府機関の行動を踏まえると、当局は景気てこ入れ に追加措置の用意があるようだ」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比6.00ポイント(0.3%)高の2126.55で終了。上 海、深圳両証取のA株に連動のCSI300指数は0.4%高の2320.07で引 けた。

原題:China’s Stocks Advance After Premier Wen Signals Stimulus (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE