バーゼル委が流動性規制で協議-今やるかやめるかの瀬戸際か

国際決済銀行(BIS)のバーゼル 銀行監督委員会は11日、流動性規制をめぐる取り決めに道を開く3日間 の協議を開始した。民間銀行や欧州中央銀行(ECB)はこうした規制 が景気回復を損ねる恐れがあると警告している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。