ギリシャ:無人島40を貸し出しも-イオニア海などに国有の島

ギリシャの国有資産開発基金は40の 無人島を、最長50年リースに出す候補として選定した。国際的金融支援 継続の鍵である資産売却の迅速化を求める圧力が高まっていることか ら、取り組みが具体化してきた。

国有資産開発基金の不動産担当エグセクティブ・ディレクター、ア ンドレアス・タプランジス氏は「地盤がよく本土にも近くインフラが整 っている場所で、国家安全保障へのリスクとならない場所を選定した」 と説明した。6日にアテネでインタビューに応じた。「現在の法律の下 で完全売却は認められないし、われわれはそれを望まない」と付け加え た。

同基金は救済の条件として2020年までに資産売却で500億ユーロ (約5兆140億円)を確保することを求められている。国際債権団の査 察団は支援の次回支払いの是非を決定するためにアテネ入りしている。 サマラス首相は島の商業利用が、支援継続の条件達成に役立つ可能性が あると発言していた。

今回選定された島は広さ50万-300万平方メートルで、30-50年の リース契約の下でリゾートとして開発することができる。ギリシャの領 土内には概算で6000の島があるが、一部は民間の所有になっている。基 金は562の島を検討した。

国はアテネ近郊の海辺のリゾート、ブリアグメニに近い島やイオニ ア海のコルフ島周辺の小島群などを所有している。タプランジス氏はリ ース候補の島の名前は明かさなかった。

原題:Greece Prepares to Lease 40 Uninhabited Islands to Reduce Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE