S&P:中国の銀行収益低迷の恐れ、「大量の信用リスク」で

中国の銀行は「大量の潜在的信用リ スク」を積み上げており、景気減速の中で収益性は今後数年で落ち込む 恐れがある。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) が指摘した。

S&Pは中国の銀行上位50行の調査結果を基に12日に発表したリポ ートで、企業の支払い延滞や預貸利ざやの縮小などが今後3-5年、中 国の銀行の回復力を試すことになると指摘した。

先月の発表によると、中国の銀行3800行の不良債権残高は8年ぶり となる3四半期連続での増加となった。4-6月(第2四半期)の利益 成長率は23%と、前四半期の24%を下回った。中国は、今年に入って2 回の利下げと昨年11月以降3回の預金準備率引き下げ、投資プロジェク トの承認加速でも、減速する景気を反転させるには至っていない。

S&Pの香港在勤アナリスト、曾怡景氏はリポートで「信用力の低 下が中国で広がっている」と述べた。

原題:S&P Sees China Bank Profits Slumping on ‘Massive’ Credit Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE