ドイツ:8月CPI改定は2.2%上昇に加速-エネルギー価格高

ドイツの8月のインフレ率は、6カ 月ぶりに加速した。エネルギー価格の上昇が影響した。

ドイツ連邦統計庁が12日発表した8月の消費者物価指数(CPI、 改定値)は、欧州連合(EU)基準で前年同月比2.2%上昇と、伸び率 は前月の1.9%から加速した。先月29日公表の速報値と一致した。8月 は前月比では0.4%上昇と、速報値の0.3%上昇から上向き改定された。

北ドイツ州立銀行(ノルトLB)のエコノミスト、イエンス・クラ マー氏(ハノーバー在勤)は、「エネルギー価格の上昇が現在のインフ レの主因だ」と指摘。「一般的に、市場参加者は物価上昇についてそれ ほど懸念していない。すべての人の注目材料はユーロ圏の債務危機だ」 と述べた。

原題:German Inflation Accelerated to 2.2% in August on Oil Prices(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE