ドイツ銀クレジットトレーダーら退社、費用削減の中-関係者

ドイツ銀行のブラッド・ビソキー氏 らクレジットトレーダー3人と債券営業担当者1人が今週、退社した。 同行は資本要件の厳格化を受けて、費用削減と報酬制度の見直しを発表 している。

ビソキー氏は、銀行と自動車メーカー関連のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)取引を担当していた。事情に詳しい関係者2人 によれば、同氏は保険会社関連のCDSを担当していたロバート・ラム 氏と共に10日に退社した。両氏ともにニューヨーク勤務だった。関係者 は、情報が開示されていないことを理由に匿名で語った。

別の関係者によれば、クレジット取引のバイスプレジデント、クリ ストファー・パーク氏と、アソシエートセールスマンのジェームズ・ベ ルトニ氏も退社したという。

ドイツ銀は賞与に上限を設け、人員を減らして資本準備金の積み増 しを進めている。2011年初め以降、同行のニューヨーク勤務の債券トレ ーダーは少なくとも11人退社しており、今回の動きはそれに続くものと なった。先週は北米フロークレジット取引の共同責任者を務めたニコラ ス・パパス氏が退社。7月には、米州と欧州のフロークレジット取引責 任者アントワーヌ・コルヌ氏が同行を離れた。

ビソキー氏は銀行と自動車メーカーの社債取引も担当していた。同 氏とラム氏、ドイツ銀広報のルネ・カラブロ氏はいずれもコメントを控 えている。

原題:Deutsche Bank Credit Traders Said to Leave as Lender Cuts Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE