英中銀総裁の後任を公募へ-LIBOR事件で人選混沌

来年6月で任期が切れるキング・イ ングランド銀行(英中央銀行)総裁の後任が公募で選ばれることになっ た。公募の締め切りは10月8日。

オズボーン英財務相財務相は11日の下院答弁で、キング総裁(64) の後任探しを週内に開始することを明らかにし、公平かつ透明な人選を 進めると表明した。英財務省は英誌エコノミストに募集広告を14日に掲 載、面談などを含めた3カ月間に及ぶ人選を開始する。同相は「キング 氏は英中銀総裁として優れた働きをしてきた」と述べた。

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)をめぐる不正操作スキャン ダルでは、これまで有力候補の1人とされてきたタッカー中銀副総裁ら 有力後継者候補と目される人物らも巻き込まれているため、人選は複雑 な状況となっている。現在審議中の法案が議会を通過すれば、金融の安 定性と銀行規制、金融政策に関する大きな権限が次期中銀総裁に付与さ れることになる。

キング総裁は5年間の任期を2期務め、規定に伴い退任する予定。 後任となる総裁の任期は8年間の1期限りとなる。下院財政委員会は就 任前に新総裁に対し議会証言を求める。

アイルランドのブックメーカー、パディー・パワーが11日示した賭 け率によれば、タッカー副総裁(54)はもはや最有力候補ではなく、タ ーナー英金融サービス機構(FSA)長官(56)と内閣府官房長官を務 めたガス・オドネル氏(59)に次ぐ3位。イングランド銀の報道官はタ ッカー副総裁もしくは他の中銀当局者が応募するかどうかについてコメ ントを控えた。

今年6月にカナダのトロント・ドミニオン銀行の顧問に就いたオド ネル氏(59)はその後のインタビューで、「募集広告が出るときに応募 するかどうか決める」と言及した。銀行業界からはHSBCホールディ ングスのスティーブン・グリーン前会長やバークレイズの最高経営責任 者(CEO)だったジョン・バーリー氏の名前が挙がっている。

原題:King Succession Race Heats Up as Osborne Reveals BOE Hiring Plan(抜粋)

--取材協力:Greg Quinn、Scott Hamilton、Simon Kennedy、Svenja O’Donnell、Eddie Buckle、Jennifer Ryan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE