新資本規制に伴う貸出金利上昇、小幅にとどまる-IMFが分析

金融機関の新たな自己資本規制(バ ーゼル3)は先進国の銀行貸出金利の小幅上昇につながるとの分析結果 を、国際通貨基金(IMF)スタッフによる調査リポートが示した。銀 行は新規制導入に伴う費用の増加にコスト削減で対応すると指摘してい る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。