中国ハイアール:NZのF&Pに買収提案-約440億円で

中国最大の家電メーカー、海爾集団 (ハイアール・グループ)はニュージーランド(NZ)の冷蔵庫メーカ ー、フィッシャー・アンド・パイケル・アプライアンシズ・ホールディ ングス(F&P)の未保有株を5億6400万米ドル(約440億円)で買い 取ることを提案した。ハイアールは自社ブランドの世界展開を推し進め ている。

11日の発表資料によれば、F&P株の未保有分についてハイアール が提示した1株当たりの取得額は1.20NZドル(約76円)と、7日の株 価終値を60%上回る水準。ハイアールはF&Pに20%出資する筆頭株 主。

今回の買収が実現すれば、ハイアールの海外事業拡大がさらに進む ことになる。グループ傘下で上海上場の青島海爾は3月、パナソニック 傘下の三洋電機から洗濯機および冷蔵庫事業の一部を継承する手続きを 完了した。

ハイアールは2009年にF&P株20%を取得。さらなる買収を計画し ていることを明らかにしていた。F&P株は10日、ハイアールからの打 診を公表したことで29%上昇。11日も続伸し、7.2%高で取引を終え た。

原題:China’s Haier Offers to Buy F&P Appliances for $564 Million (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE