オランド仏政権:プジョーの人員削減は不可避-180度の転換

フランスのオランド政権にとって、 プジョーシトロエングループ(PSA)の工場閉鎖と人員削減の決定 は、2カ月前は「容認できない」ものだったが、今では「不可避」との 見解にシフトしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。