トロイカはギリシャ削減案中56億ユーロを疑問視-カティメリニ

ギリシャの救済プログラム実践状況 を検証する欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金 (IMF)の査察団(通称トロイカ)は、ギリシャ政府が示した116億 ユーロ(約1兆1610億円)規模の歳出削減案のうち56億ユーロ相当につ いて疑義を呈したと、ギリシャ紙カティメリニが情報源を示さずに報じ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。