NY外為:ドル下落、追加緩和観測強まる-米格下げ懸念も

11日のニューヨーク外国為替市場で は、ドルが主要通貨全てに対して下落した。12日から2日間にわたり開 催される米連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会合を控え、米金融 当局が景気後押しへ向けた国債買い入れを実施するとの観測が広がっ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。