アジア株、4営業日ぶり反落-欧州債務危機めぐり懸念広がる

11日のアジア株式相場は下落。欧州 が域内債務危機を抑制できないとの懸念が広がった。指標のMSCIア ジア太平洋指数はこのまま推移すれば4営業日ぶりの値下がりとなる。 投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)が追加の刺激策に動くかどう か、その判断を待っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。