元人民銀の李氏:中国GDPは10-12月に上向く

  元中国人民銀行(中央銀行)貨 幣政策委員会委員の李稲葵氏は固定資産投資が今年、中国の国内総生産 (GDP)を押し上げるだろうとの見方を明らかにした。 ・同氏は天津での夏季ダボス会議で記者団に語った ・中国の新たなインフラ投資計画は2013年の初めにGDPの伸びに貢献

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。