欧州銀行監督機構:ストレステスト権限強化も-審査への批判で

欧州の銀行ストレステスト(健全性 審査)を実施する欧州銀行監督機構(EBA)の権限を強化する可能性 が浮上している。これまでのテストがあまりにも不十分との批判に対応 する。

ブルームバーグ・ニュースが入手した文書によると、欧州連合 (EU)当局は「ストレステストに関するEBAの役割を強化する必要 性」を検討する。各国監督当局からの「情報への過度の依存」も避ける べきだとしている。

2011年7月にEBAが実施した前回のストレステストで不合格とな ったのはわずか8行で、資本不足額は合計25億ユーロ(現在の為替レー トで約2500億円)と評価された。アナリストの間では、十分に厳格な審 査が行われなかったとの批判が巻き起こった。テストに合格したフラン ス・ベルギー系の銀行デクシアはその後2カ月ほどで無担保での資金調 達の道が閉ざされ、解体に追い込まれた。

この文書は、いわゆる銀行同盟の実現に向けてEUの行政執行機 関、欧州委員会が12日に公表する提案の一部を構成している。

原題:EBA May Win Stronger Stress-Test Powers in EU Banking Union Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE