中国の米国債保有、国家安全保障上の脅威ではない-国防総省

米国債を1兆ドル(約78兆円)余り 保有する中国が「突然、多額の」資金を引き揚げる可能性は、米国の国 家安全保障上の脅威ではない-。米国防総省がこうした分析結果を議会 への報告書で示した。同省が中国の米国債保有に伴う安全保障リスクの 評価を行ったのは初めて。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。