中国経済はソフトランディングのさなか-朱民IMF副専務理事

  国際通貨基金(IMF)の朱民 副専務理事は中国にとって8%未満の成長率は悪いことではないとの見 解を明らかにした。 ・中国経済は引き続き「安定的な」道筋をたどっている

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。