バーナンキ氏、歴代FRB議長で雇用改善に最も積極的と評価

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長が見せた追加債券購入への意欲は、完全雇用という FRBの責務達成に対して同氏が歴代で最も積極的であり、新たな試み を好むFRB議長であることをあらためて示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。