朱民IMF副専務理事:欧州危機の解決にはなお長い道のり

  国際通貨基金(IMF)の朱民 副専務理事は、欧州債務危機は「まだ終わっていない」と指摘し、解決 には「なお長い道のりがある」との認識を示した。

・各国政府による最近の措置は「正しい方向」にある ・金融システムに流動性を追加供給するECBの決定を「強く」支持

原題:IMF’s Zhu Min Says Still ‘Long Way to Go’ in Europe Crisis (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE