ブラックロック:ETF手数料下げへ、シェア低下で-CEO

世界最大の資産運用会社、米ブラッ クロックのローレンス・フィンク最高経営責任者(CEO)は、10-12 月(第4四半期)に大型の上場投資信託(ETF)の手数料引き下げを 発表する方針を明らかにした。競合する米バンガード・グループに市場 シェアを奪われていることに対処する。

フィンクCEOは10日、バークレイズの会合で、「大型で流動性が 高く中核となるタイプのETFの手数料について、当社がどう取り組ん でいくか全体的な戦略を発表する予定だ」と述べた。

バンガードが投資家を引き付ける一方で、ブラックロックは市場シ ェアを落としている。ステート・ストリート・グローバル・アドバイザ ーズのリポートによると、ブラックロックのETF事業での市場シェア は今年1-7月に1.6ポイント縮小し約41%となったのに対し、バンガ ードは1.8ポイント拡大して18%だった。フィンクCEOは7月に、4 -6月(第2四半期)のブラックロックのETF事業のシェアに不満を 表明している。

サンフォード・C・バーンスティーンは今月5日のリポートで、ブ ラックロックは機関投資家や個人投資家の獲得とつなぎ止めに向け一部 商品の手数料引き下げが必要だろうと指摘していた。

ブラックロックの「iシェアーズS&P500インデックス・ファン ド」の管理報酬は0.09%で、「バンガードS&P500ETF」 は0.05%。新興市場ファンドではさらにその差が顕著となり、「iシェ アーズMSCIエマージング・マーケット・インデックス」の0.67%に 対し、「バンガードMSCIエマージング・マーケッツETF」 は0.2%。

原題:Fink Says BlackRock to Cut ETF Fees as Market Share Declines (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE