ユーロ反発、独憲法裁のESM判断延長なしで-1.28ドル回復

東京外国為替市場では午後の取引で ユーロが反発。ドイツの連邦憲法裁判所が恒久的救済基金である欧州安 定化メカニズム(ESM)に関する判断を延期しないと発表したことが 好感され、ユーロは対ドルで1ユーロ=1.28ドル台を回復した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。