松下忠洋金融相が都内の自宅で死亡、警視庁自殺と断定

松下忠洋金融・郵政担当相(国民新 党副代表、73)が10日、東京都江東区の自宅で倒れているのが見つか り、死亡が確認された。複数の遺書が発見されたことや現場の状況など から、警視庁は自殺と断定し、捜査を打ち切った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。