米インテル、2013年に一段の下振れリスク-野村のアナリスト

  野村のロミット・シャー氏が、 ノート型パソコン出荷への逆風や中国の需要減速を要因に挙げて指摘し た。

・インテルの13年の1株当たり利益を2ドルと予想 ・ブルームバーグがまとめたアナリスト予想は2.21ドル ・来年のノート型の出荷は「ほぼ横ばい」とみる ・タブレット型やスマートフォンなどの需要増でパソコンの競争環境は

激化と指摘

原題:Intel Has Further Downside Risk in 2013, Nomura Says(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE