NY原油:小幅高、ギリシャの支援確保難航もFOMCに注目

ニューヨーク原油相場は小幅続伸。 ギリシャは救済融資を受ける条件を満たすのに苦戦しているものの、米 連邦公開市場委員会(FOMC)が追加緩和措置を発表するとの観測が 高まっている。

ギリシャのサマラス首相は国際支援を受け取る条件とされた歳出削 減に関して、連立パートナーの同意を取り付けることができなかった。 市場では12、13両日に開かれるFOMCの会合で量的緩和第3弾が実施 されるかどうかが焦点となっている。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)のエ ネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は「市場は現在、様子見の姿 勢になっている」と指摘。「週後半まで相場が大きく動くことはないだ ろう。13日のFOMCが鍵になる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前週末 比12セント(0.12%)高の1バレル=96.54ドルで終了した。年初から は2.3%値下がりしている。

原題:Oil Is Steady as Greece Struggles for Aid and Traders Watch Fed(抜粋)

--取材協力:Inal Ersan、Ayesha Daya.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE