9月10日の欧州マーケットサマリー:株が下落、中国輸入の減少嫌気

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2786   1.2816
ドル/円             78.27    78.24
ユーロ/円          100.07   100.25


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  271.69     -.61      -.2%
英FT100     5,793.20    -1.60     .0%
独DAX      7,213.70    -.80      .0%
仏CAC40    3,506.05   -13.00     -.4%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .04%        +.01
独国債10年物     1.55%       +.03
英国債10年物     1.73%       +.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,732.00    +4.00     +.23%
原油 北海ブレント        114.31      +.06     +.05%

◎欧州株式市場

10日の欧州株式相場は下落。中国の輸入が予想外に減少したほか、 ギリシャが救済支援の確保で苦戦していることが材料となった。

ストックス欧州600指数の銘柄のうち食品・飲料メーカーの株価が 特に下落した。消費財メーカー、英・オランダ系ユニリーバとベルギー のビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブはいずれ も下落した。

資源会社エクストラータへ買収案を提示した商品取引のグレンコ ア・インターナショナルは、エクストラータ最高経営責任者(CEO) のミック・デービス氏が統合後の新会社CEOに就任し、6か月後にグ レンコアのアイバン・グラゼンバーグ氏がCEOに就く案を示した。こ れを手がかりにグレンコアは下落。エクストラータは上昇した。

ストックス欧州600指数は前営業日比0.2%安の271.69で終了した。

CMCマーケッツの市場アナリスト、マイケル・ヒューソン氏は 「8月の中国貿易統計は輸出が予想外の減少だった。国内需要が今も弱 いことを示唆している」と述べ、「インフレは抑制されていても中国が どれほど国内消費を喚起できるのかについてはある程度の不透明性が残 る」と続けた。

中国の税関総署が10日発表したところによると、8月の輸入は前年 同月比2.6%減。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想では3.5% の増加だった。

この日の西欧市場では、18カ国中13カ国で主要株価指数が下落し た。

原題:European Stocks Drop on China Imports, Greek Aid; Xstrata Climbs(抜粋)

◎欧州債券市場

10日の欧州債市場ではイタリア10年債相場が6営業日ぶりに下 落し、スペイン債も下げた。救済要請国に厳しい条件が課せられること から、欧州中央銀行(ECB)に国債購入を求める動きが抑制されると の懸念が強まった。

ドイツ10年債も値下がり。ECBによる無制限の欧州ソブリン債 購入計画をドラギ総裁が明らかにし、利回りが大きく上昇した先週の流 れが続いている。ドイツ連邦憲法裁判所は12日、恒久的救済基金の欧 州安定化メカニズム(ESM)について判断を下す。ギリシャではサマ ラス首相が9日、救済融資を受ける上での前提条件である歳出削減で連 立パートナーの同意を取り付けることができなかった。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテジ ト、ジョン・レイス氏(ロンドン在勤)はブルームバーグテレビジョン のインタビューで、「いったんプログラムの下に置かれれば状況がいか に困難になるかをギリシャが示しており、ECBによる債券購入も条件 付きだ」と発言。「スペインないしイタリアの政府が支援プログラムの 下に入る見通しから後退し始めれば、市場は危険性を感じ、利回りに上 昇圧力がかかる時期がやってくるだろう」と付け加えた。

イタリア10年債利回りはロンドン時間午後4時現在、前週末比 11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.17bp。一 時は16bp上げ、日中の利回り上昇としては8月2日以来最大となっ た。同国債(表面利率5.5%、2022年9月償還)価格は0.83下げ

103.09。

この日発表されたイタリアの4-6月の国内総生産(GDP)改定 値は前期比0.8%減。先月公表の速報値(0.7%減)から下方修正され た。同国2年債利回りは5bp上昇して2.29%。19bp上げる場面も あった。

スペイン2年債相場は3営業日ぶりに下落。利回りは16bp上げ て2.89%となった。

ドイツ10年債利回りは3bp上昇して1.55%。7日は1.63% に達し、6月29日以来の高水準となった。前週全体では19bp上昇。 7月23日は過去最低に並ぶ1.127%となっていた。

原題:Italian, Spanish Bonds Fall as ECB Aid Rules Concern Saps Demand(抜粋)

◎英国債市場

10日の英国債市場では10年債相場が下落し、利回りが10週ぶり 高水準に近づいた。英公債管理局(DMO)は今週、インフレ連動債と 通常国債の入札を予定している。

DMOは11日に2034年償還のインフレ連動債12億5000万ポ ンド相当、13日に10年債32億5000万ポンド相当を発行する。

モニュメント・セキュリティーズ(ロンドン)の債券ストラテジス ト、マーク・オストワルト氏は英国債が下げたのは「週内に大量の債券 供給があるためだ」と述べた。

ロンドン時間午後4時40分現在、英10年債利回りは前週末比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し1.74%。7日は

1.804%と、6月29日以来の高水準を付けた。同国債(表面利率

1.75%、2022年9月償還)価格はこの日、0.46下げ100.14。

原題:U.K. Gilts Decline Before Debt Auctions; Pound Gains Versus Euro(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE