IAEA:北朝鮮は新たな原子炉建設で「著しく進展」

国連の国際原子力機関(IAEA) 査察団は、北朝鮮が新たな原子炉の建設で「著しく進展」したとの見解 を示した。

IAEAの天野之弥事務局長は10日、ウィーンで講演、北朝鮮の 「核開発プログラムについて引き続き懸念している」と発言。寧辺(ニ ョンビョン)の2つの未申告施設のうちの1つである軽水炉の建設が著 しく進展したと述べた。

35カ国で構成するIAEA理事会は同日、ウィーンで四半期の会合 を開いた。

原題:IAEA Sees ‘Significant Progress’ at New North Korean Reactor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE