国際決済銀行がLIBOR問題で調査開始へ-英中銀総裁

イングランド銀行(英中央銀行)の キング総裁は10日、不正操作問題で信用が失墜したロンドン銀行間取引 金利(LIBOR)について調査を開始することで世界の中央銀行が合 意したことを明らかにした。

スイスのバーゼルで9日開かれた国際決済銀行(BIS)の経済諮 問委員会で委員長を務めたキング総裁は、中銀による調査は「高官」が 率いると説明した。LIBORについてはほかに、英金融サービス機構 (FSA)のマネジングディレクターを務めるマーティン・ホイートリ ー氏が設定方法について検証を進めている。

キング総裁は電子メールで配布した声明で、調査では「金融安定化 理事会(FSB)が調整する幅広い当局の議論の土台となる情報を準備 するため市場の意見を求める」と説明。「ホイートリー氏が進める LIBOR検証の結果としての勧告、ならびに金融市場で活用される参 照金利を見直している他の公式グループからの報告を、BISの中銀当 局者は多大な関心を持ちながら待っている」と付け加えた。

LIBORの不正操作で英銀バークレイズが2億9000万ポンド (約365億円)の制裁金を科された事態を受け、キング総裁は今回の BIS会合での協議を呼び掛けていた。英中銀もこのスキャンダルに巻 き込まれ、議員らは先月、同中銀の対応のまずさを批判した。

原題:King Says BIS Central Bankers to Start Inquiry on Libor Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE