欧州救済基金めぐる独憲法裁の判断留保目指す試み、奏功難か

ドイツの連立与党会派に所属するペ ーター・ガウウァイラー議員は、恒久的救済基金である欧州安定化メカ ニズム(ESM)を連邦憲法裁判所が違憲とするか判断を延期するよう 緊急の申し立てを行ったが、この試みは成功しないだろうと法律家らは みている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。