香港株(終了):ハンセン指数、上昇-政策期待高まる

香港株式市場ではハンセン指数が上 昇。先週値上がりした流れを引き継いだ。景気減速を示す経済指標が中 国などで発表される中で、各中央銀行が景気てこ入れ策を講じるとの観 測が広がった。

中国の携帯電話メーカー、ZTE(中興通訊、763 HK)は6.3% 高。同社などがチャイナ・モバイル(中国移動)向けの第4世代携帯電 話を受注したとの報道が買い材料。ばら積み船運航の太平洋航運(2343 HK)は2.9%上昇した。衣料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)や米ウォルマート・ストアーズに商品を納入するリー・アンド・フ ォン(利豊、494 HK)も高い。

資産規模で中国2位の銀行、中国建設銀行(939 HK)は2.1%安。 ブルームバーグが入手した資料によると、同行の株主は約5億3000万ド ル(約415億円)相当の株式を売却する計画。

アンプル・アセット・マネジメントの資産運用ディレクター、アレ ックス・ウォン氏は「米国の量的緩和第3弾(QE3)見通しや欧州中 央銀行(ECB)の国債購入計画が支えとなり、市場参加者は非常に強 気だ」と述べた上で、「中国に関しては政府が最終的に何かしら試みて 景気のてこ入れを図るため、市場参加者は心配していない」と語った。

ハンセン指数は前週末比25.01ポイント(0.1%)高の19827.17で終 了。一時は0.2%安まで下げた。ハンセン中国企業株(H株)指数は 同0.4%安の9393.60で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Advance as Slowing Growth Spurs Stimulus Bets(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh、Jason Clenfield.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE