珍しいタイプの自閉症に食事療法が効果も、応用可能か-研究

発作性疾患や知的障害を伴うまれな 種類の自閉症を、食事療法と栄養補給食品によって治療できる可能性が ある。研究結果によれば、これは他の種類の自閉症にも応用できる公算 が大きい。

科学誌サイエンスに6日掲載された論文によると、研究者らはまれ な種類の自閉症を持つ2つの家族から遺伝子変異を特定、その変異が血 液中のある種のアミノ酸の濃度を低下させたことがわかった。同じ遺伝 子変異を起こさせたマウスに問題のアミノ酸、分枝鎖アミノ酸 (BCAA)を補うサプリメントを与えたところ発作が減り自閉症の症 状も軽減された。

論文の執筆者でカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者、ガイ ア・ノバリノ氏は、被験者の2家族に見られた自閉症は極めて稀なタイ プなものの、今回の発見は他の種類の自閉症を特定するのにも役立つ可 能性があると指摘した。

米国では約88人に1人の子供が自閉症関連症状の診断を受ける。ま た、エール大学とカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究によれば、 自閉症児の25%はてんかんの症状も持つ。

原題:Rare Autism Form May Improve With Diet Change, Study Suggests(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE