米フーターズ、女性にもアピール-ホットパンツはそのまま

ウエートレスがオレンジ色のホット パンツのコスチュームを身に着けることで知られる鶏手羽肉料理の米レ ストランチェーン、フーターズは、男性客がもっと立ち寄りやすい店に なるよう望んでいる。男性客の夫人や恋人に対し、もう少し配慮する方 針だ。

フーターズのどの店舗に足を踏み入れても女性が居心地が悪くなる 理由は簡単だ。内装は濃い色の木で統一され、ビキニを着たフーターズ ガールのポスターが貼られている。

テリー・マークス氏は昨年、このレストランチェーンを刷新するた めに最高経営責任者(CEO)に起用された。同氏はこれらの理由だけ ではなく、メニューがありきたりでレストランが時代遅れであるほか、 価格も高過ぎると考えた。男性が経費として飲食費を計上する際に店名 を書くのがばつが悪いと感じたり、女性たちがそこで食事をするのをす ぐに拒否したりするようなフーターズのイメージを払拭(ふっしょく) することを目指している。

パシフィック・マネジメント・コンサルティング・グループ(サン ディエゴ)のプリンシパル、ジョン・ゴードン氏は「女性が人口の51% を占めている現実を認めなければならない。女性の方が雇用は伸びてお り、無視できない存在だ」と語る。

確かに、フーターズは依然として、ほとんど男性客向けのレストラ ンだ。チェーンの顧客のうち3分の2を男性が占める。マークス氏は、 フーターズがこれまで通りあらゆる面でセクシーであることに変わりが なく、トレードマークのユニフォームもそのままだと説明。その代わ り、メニューを新しくし夜の店内の様子に工夫を施してライトを増や し、恥ずかしく感じる必要など何もないことを明確にする方針だ。

マークス氏はアトランタにある自身のオフィスでインタビューに応 じ「フーターズガールにウールのセーターを着せなくても客層を広げる チャンスはある。当社の取り組みは全て女性にもっとアピールすべきだ が、男性への配慮を怠るつもりはない」と述べた。

原題:Hooters Targets Women as Tight Orange Shorts Still Rule: Retail (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE