伊ウニクレディト:2015年の業績目標達成に自信-CEO

イタリア最大の銀行、ウニクレディ トのフェデリコ・ギッツォーニ最高経営責任者(CEO)は、2015年の 業績目標の達成に自信を示した。同行は昨年承認された5カ年戦略指針 を実行に移していく予定だ。

同CEOは8日のインタビューで、「指針を通じて示した道筋から 逸脱していない。世界は様変わりしているが、15年の業績目標は達成で きるだろう」と説明。「資本創出や流動性、資金調達状況の面で目標を 上回っており、原価管理でも近く目標を達成する見込みだ」と述べた。

ギッツォーニCEOは昨年11月14日に承認された5カ年計画の一環 としてリスクの低減と利益の押し上げに関する戦略を見直している。ウ ニクレディトは15年までに預金残高を15億ユーロ(約1500億円)とし、 同年末までに65億ユーロの収入を取り戻すことを目標としている。

同CEOは「戦略的指針が実行されることを確信している。目標に 達していない部門を補うために、他の分野を加速させる必要がある」と 指摘。「国内では年金制度の改革に絡むコストの問題があるが、これを 埋めるための別の財源を見つけおり、影響はない」と語った。

原題:UniCredit Expects to Meet Business Plan’s Goals, Ghizzoni Says(抜粋)

--取材協力:Guy Johnson、Flavia Rotondi、Lorenzo Totaro、Andrew Frye.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE