ギリシャ首相、歳出削減で連立政党から同意得られず

ギリシャのサマラス首相は、ユーロ 圏残留に必要な国際支援を受け取る条件とされた115億ユーロ(約1 兆1500億円)の歳出削減に関して、連立パートナーの同意を取り付ける ことができなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。