TOPIXが3日続伸、市況高受け資源関連株上昇-米緩和観測支え

東京株式相場は、TOPIXが小 幅に3日続伸。米国の追加金融緩和観測で原油など国際商品市況が上 昇したことを受け、石油や商社、非鉄金属など資源関連株が高い。金 融、情報・通信など内需関連株の一部も堅調だった。一方、米インテ ルの業績下方修正の影響で、東京エレクトロンやニコンなど半導体関 連株は安く、株価指数の重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。