ブラインダー元FRB副議長:米経済に活力与える措置を支持

米連邦準備制度理事会(FRB)の 元副議長、アラン・ブラインダー氏は7日、米国における経済成長の弱 さと雇用の伸び鈍化は財政・金融面での刺激策拡大の必要性を浮き彫り にしていると指摘した。

現在は米プリンストン大学教授のブラインダー氏はラジオ番組「ブ ルームバーグ・サーベイランス」とのインタビューで、「現段階では、 もう少し経済に活力を与えるならほとんど全ての措置を支持する意向 だ」とし、「断然、蛇口をもっと開くことに賛成だ」と語った。

この日発表された8月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数の伸 びは市場予想を下回り、労働市場から去った人が増えたことで失業率が 低下した。

ブラインダー氏は、FRBによる住宅ローン担保証券(MBS)の 購入については、恐らく「超強力な手段」にはならないとの見方を示し た。物件の資産価値を上回っている住宅ローンの件数を背景に、FRB による住宅てこ入れ策の効果は鈍いものとなっていると指摘した。

原題:Princeton’s Blinder Urges Opening Spigot for Economy: Tom Keene(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE