債券は反発、雇用鈍化受けた米債高で買い優勢-先物は限月交代

債券相場は反発。8月の米国雇用者 数の伸びの鈍化を受け、前週末の米債相場が上昇した流れを引き継いで 買いが優勢となった。先物市場では中心限月が12月物に移行した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。