輝き失うキャリートレード、世界的金融緩和による景気浮揚効果に疑問

低金利通貨を借り入れて高金利通貨 に投資する「キャリートレード」の運用成績が精彩を欠いている。世界 経済が足元で再び減速感を強めていることが背景にあり、主要国の中央 銀行の金融緩和策がもたらす景気浮揚効果への疑問も生じている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。