野村の永井CEO、海外部門の黒字化、2014年6月までに実現へ

野村ホールディングスの永井浩二最 高経営責任者(CEO)は、リーマン・ブラザーズの事業買収以後、赤 字体質が続いている海外部門について、2014年4-6月期までの7四半 期以内に黒字化する方針を示した。ブルームバーグ・ニュースの取材に 応じ明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。