4-6月GDPは年率0.7%増に下方修正-在庫投資の寄与度低下

4-6月期の実質国内総生産 (GDP)2次速報(改定値)は前期比年率で0.7%増と、1次速報 (1.4%増)から下方修正された。事前の市場予想も下回った。在庫投 資の寄与度が引き下げられたことが全体を押し下げた。

内閣府が10日発表した同期のGDP改定値は、物価変動の影響を除 いた実質で前期比0.2%増と1次速報(0.3%増)から下方修正された。 3日公表された法人企業統計の内容を加味した結果、設備投資は 同1.4%増と速報(1.5%増)から引き下げられた。GDPの約6割を占 める個人消費は同0.1%増と速報から横ばい。公共投資は同1.8%増と速 報の1.7%増から引き上げられた。

ブルームバーグ・ニュースの事前調査では、実質GDP2次速報の 予想中央値は前期比0.3%増、年率換算で1.0%増が見込まれていた

第一生命経済研究所の新家義貴主席エコノミストは発表内容を受 け、「在庫投資の下振れがGDP下方修正の主因であり、その他の需要 項目は1次速報からほとんど変化がない」と指摘。「高成長だった1- 3月期の反動という面が大きいことを考えると、4-6月期の結果がと りたてて弱いとは言えない」との見方を示した。

GDPをどれだけ増加させたかを示す寄与度でみると、国内需要 (内需)はプラス0.2ポイントと、速報(プラス0.4ポイント)から引き 下げられた。民間在庫品の増加の寄与度が速報のマイナス0.0ポイント からマイナス0.2ポイントに下方修正されたのが主因。輸出から輸入を 差し引いた純輸出(外需)はマイナス0.1ポイントと、1次速報から変 わらず。

年後半は減速、踊り場入りも

財貨・サービスの輸出と輸入は同1.2%増、同1.6%増。ともに速報 (1.2%増、1.6%増)から横ばいだった。

生活実感により近いとされる名目GDPは、前期比0.3%減(年率 換算1.0%減)と速報の0.1%減(同0.6%減)から下方修正。総合的な 物価指標であるGDPデフレーターは前年同期比0.9%低下と速報 (1.1%低下)から引き上げられた。

政府は先月28日、8月の月例経済報告を公表し、景気は「一部に弱 い動きがみられる」として、基調判断を10カ月ぶりに引き下げた。海外 経済の鈍化が輸出に影響し、生産や消費などの項目も下方修正した。日 銀は「緩やかに景気は持ち直しつつある」としているが、18、19日の金 融政策決定会合であらためて情勢判断について議論する。

BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは、中国を中心 とする新興国、欧州、米国のいずれも減速が続く見込みで、「輸出は当 面軟調な動きが予想される」ほか、これまで個人消費を押し上げていた エコカー補助金が9月中に終了する見込みだと指摘。復興需要はまだし ばらく成長の押し上げ要因となるが、それでも年後半は減速傾向が強ま り、「景気の『踊り場』入りは避けられない」としている。

新家氏も「7-9月期以降の景気は下振れの可能性が高まってい る」と指摘。同期の実質GDPはマイナス成長に転じる可能性が高そう だとした上で、「先行きの動向次第では、事後的に景気後退局面と認定 される可能性も否定はできない」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE