ヘッジファンドの商品買い越し、1年4カ月ぶり高水準

ヘッジファンドによる商品の買い越 しが1年4カ月ぶりの高水準に増加した。米国や中国、欧州の政策担当 者が再び世界の経済成長てこ入れに乗り出すとの観測を背景に、相場は 6週間連続で上昇している。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、資産運用会 社による米国の商品18銘柄の先物とオプションの買い越しは4日終了週 に2.3%増加し133万枚と、2011年5月3日以来の高水準に達した。銀の 買い越しは6週間連続で増加し2月28日以来の高水準となり、ココア (カカオ豆)は57%増と、10年5月以降で最大の増加率を示した。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) で世界最大の債券ファンドを運用するビル・グロス氏は、8月の米失業 率が43カ月連続で8%を上回り雇用市場が低迷しているため、米連邦準 備制度理事会(FRB)による追加の景気刺激策導入が近づいていると の見方を示した。

約3250億ドル相当の資産を運用するウェルズ・キャピタル・マネメ ントの投資担当チーフストラテジスト、ジェームズ・ポールセン氏(ミ ネアポリス在勤)は「欧州不安はある程度落ち着いており、中国は向こ う2四半期の間に底入れする可能性がある」と指摘。「商品市場は危機 を脱した可能性が高く、米国の量的緩和に関する楽観的な見方が相場を 下支えしている」と述べた。

原題:Hedge Funds Lift Bets to 16-Month High Before Rally: Commodities(抜粋)

--取材協力:Millie Munshi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE